両建てに挑戦する。

ご存知のとおり、トレードの両建ては同じ銘柄に買いと売りに同時に入れるもの。

この手法をデイトレで使って、コツコツ利益を積み上げようと挑戦をはじめたよ。なぜこの挑戦をはじめたかというと、何だか上手くいくような気がしてというタダの予感。あてにならないかな?

まず両建てについておさらいする。

メリット

  1. リスクヘッジ
  2. 空売り手数料節約
  3. 精神的な負担を軽くする

デメリット

  1. 決済のタイミングを間違えると損失を出す
  2. 資金が2倍必要

・・ということらしい。

それ以外に、「新規買い、新規売り、返済買い、返済買いを間違える」っていう危険も含んでいる。トレードを始めたころ、初めての空売りを両建てで行ったけど、途中から売ってるのか買ってるのかわからなくなり、混乱したまま全て決済したら、2万円残っていてホッとした遠い記憶がある。

今回の挑戦は、超安全パイで行うよ。

銘柄の条件

  1. 毎日監視していて、動きのパターンがある程度読める
  2. そこそこ動きと出来高があるけど、危険な動きをほぼしない(東証1部)
  3. 3,000円以下(呼び値1円)

売買の方法

  1. 寄り付きで100株ずつ新規買いと新規売りを入れる
  2. 大きく上か下かに動いた時、利益が出た方を利確
  3. 残った方の損失額が、2の利益よりも少なくなったところで再び両建て

つまり寄り付きで両建てすると、買いと売りの利益は±0(手数料など細かいものは省く)だけど、この差を+1,000円とか+2,000円とかに変えていくことになる。逆に失敗すると、-1,000円とか-2,000円とかに転ぶ。

ここで問題がある。

問題、それは決済のタイミング!

  • 売り玉を決済した後に、更に下がる。
  • 買い玉を決済した後に、更に上がる。

これが怖い。

基本、上がりすぎたら下がる、下がりすぎたら上がるということをベースにしてるので、時間軸を長くすれば上手くいくだろうという場所で決済するけど、相場が都合よく動くはずがない。ある程度以上に含み損が増えた場合、再度両建てするのか、それとも損切りするのかを決める必要がある。

ここは、損切りにする。

買いも売りも含み損を抱えたら、まともな判断は出来そうにないからね。ただでさえ決済のタイミングが難しいのに、あっちもこっちもマイナスなら、一旦ポジションを外した方がいいよね。そして、その後は無理して両建てにせず、普通のデイトレもOKとする。

あと、追加の条件としては、前場から後場への持ち越しは必ず両建てにすることにする。もちろんデイトレなので、次の日への持ち越しは絶対禁止

他の細かい点は、挑戦しながら考えていくことにする。ルール変更もあり。

以上。

さあ、どうなるでしょう?

応援してもらえたら嬉しいです


デイトレードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA