へたくそトレーダーのスキャルピング挑戦ブログ

急騰急落察知プログラムを稼働させてみる

前場・後場のわずかな時間やけど、楽天RSSからの急騰急落察知プログラムを稼働させてみた!

結果からいうと、ちゃんと動いた。プログラム的には問題はないみたいだぜ。

ただ全然、急騰急落を拾ってくれないの!

詳しくは省略するが、SBI証券でスクリーニングした銘柄はほぼ全滅・・動いてくれない。動いても値幅がない。で、考えた。

①楽天RSSから出来高のデータを得て、出来高が少ない銘柄を削除。株価が低すぎるのも削除。空いたスペースに松井証券からデイトレ適正銘柄を入力。(考えるほどのことかっ)

②現在値と1分前の株価の変化率の基準をユルユルに変更。

すると、アンジェスコロプラは拾ってくれるようになった。コロプラはかなりいいじゃん、みたいなタイミングを知らせてくれる・・アンジェスは察知する回数は多いけど動きが激しすぎてちょっと追いつかない感じ。

あと問題は、株価が1,000円ぐらいのコロプラに比べると、株価が4,000円を越えるソフトバンクなんかは、同じように10~20円の値幅が動いても変化率が違うから、感度が鈍くなるなあ・・

 こんな感じね

1分足がギュッと伸びてるけど、これが引っ掛からないのさ。多分15秒ごとにデータ更新してるから、何かがわずかに足りなかったんやと思う。これは2分か3分間ぐらいの変化で考えなあかんなあ。あとダラダラ下げも全然ヒットしてくんない。

よし、プログラムは改良じゃっ (ファイト・オー!)

デ、キョウノスキャハコウナリマシタ、マケマシタ

マイナス 1650エンヨ・・

アンジェス、コワイ、ワタシ、アンジェス、コワクテタマラナイ、アナタ、カッタ? アンジェス、カッタノカ? エ? カッタノカ?

ヨロシクオネガイシマスシマス↓


デイトレードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA